岩手の紅葉と言えば

先週より盛岡にあります東日本支店に来ております。
例年ならば少し遅いかなぁと思う八幡平の紅葉シーズンですが…

今年は暑い日が続き残暑が遅くまで続いた為なのか?

私が盛岡を訪ねた10月15日でもいまだ紅葉の真っ盛りだと聞く。
F57D0509-2AAB-4C2D-A837-FEC7E07522CA.jpg
ならば、車で八幡平アスピーテラインに向かう。

そもそも八幡平の紅葉と言えば黄色が多いイメージで時々入る赤が美しさを増す役目を担う景観、

それが今年も見事に調和している。
0AB3CD1B-47C7-47AF-B521-DFF2109A21AD.jpg
この八幡平の標高1000メートルには過去に松尾鉱山が一大都市を形成し、昭和47年頃に閉山になるまで賑わいを見せていたと聞く。
F80C580F-9DBB-4562-A923-659731A521E0.jpg
その松尾鉱山閉山に伴い流れ出た汚染水が北上川を流れ…岩手県は未だこの汚染水の処理を続ける事に繋がる。

456A5B5A-1E07-456B-BFB9-E71D2E2B39B3.jpg
近代歴史ではなかなか習わない事だが、その北上川を鮭が遡上し産卵する景観はそんな暗い過去など想像すらつかない。
6F79BD82-BB96-4E97-8FED-FD191DF40CD4.jpg
過ちの代償は大きいがその代償を償う努力を怠らないのも人間なわけで自然界との共存を良いモデルケースとしてこれからも続けてほしいと切に願う。

この記事へのコメント